WMP12のDRMを削除する方法

せっかく動画をダウンロードしたのにしばらくたったら再生できなくなった。こんな経験ありませんか?実はその動画にはDRMがかかっています。再生しようとすると認証サーバーにアクセスし、再生する権限があるか、視聴期限内かなどをチェックしているのです。だからプロテクトを解除しないといずれ再生できなくなります。視聴するためにはDRMを削除する必要があるわけですが、はっきり言ってフリーソフトではほぼ無理です。フリーのDRM解除ソフトは古いものばかりで、XPでしか使えませんし新しいWMV動画には対応していません。

私がおすすめするのはムービーグラバーです。これは動画をダウンロードする機能とDRMを解除する機能が備わっているソフトで、当然WMP12にも対応しています。Windows7を使っている人はわかると思いますが、WMP11かWMP12でWMV動画を再生するのが一般的です。DRMは基本的にWMV形式にかかっているので、GyaOやDMMもこのファイル形式で配信しています。だからWindows7のWMP12に対応しているDRM解除ソフトはとても重宝します。

ムービーグラバーはとても使いやすいと評判です。私自身毎日のように活用しています。ちなみに完全合法ソフトなので安心して下さい。実はDRMの暗号自体を解除するのではなく、新しい動画を作り出しているのです。個人で楽しむ分には問題ありません。さらに変換機能も備わっているため、DVDに書き込んだり、iPhoneや携帯に転送したりするのも簡単です。WMP12に対応しているDRM解除ソフトは本当に貴重です。体験版もあるので試してみてはいかがでしょうか。

ムービーグラバーの詳細はこちら

ゲーミングPC おすすめ